開発ブログ #3 ― キャラクター作成と冒頭のプレイ

Conan Exilesの全容は読んでくれたと思う。そこでは、ジャンルやゲームプレイの特徴という点で、これがどのようなゲームなのか語った。今回は、実際にゲームを始めたときに君が経験することを紹介しようと思う。

キャラクター作成と追放の地で最初にやることの話だ。

自分のキャラクターを決める

コミュニティから、キャラクター作成に関する質問を多数もらっている。キャラクター作成ツールはどうなるのか?そのツールは安定しているのか?Age of Conanのお気に入りの種族は使えるのか?プレイヤーはそういったことを気にしている。髪型も繰り返し話題になっている。

Conan Exilesでは、君は犯罪者として追放され、はりつけにされ、死を待つばかり、という場面から始まる。その罪を実際に犯したのかどうかは問題ではない。いずれにせよ追放の地から逃れることはできないのだ。この追放の十字架の上で、キャラクターを作成することになる。

20161121104258_1

我々はMMORPGでの経験を生かして、このジャンルのゲームには珍しいキャラクター作成ツールを作った。あらかじめ用意されているいくつかの顔や他の特徴から選んだ上で、一部を変更したり調整したりできるのだ。プレイヤーは、さまざまなオプションを組み合わせてハイボリア時代のキャラクターを作ることができる。現時点で11種の髪型、幅広い肌の色、14種の種族や民族が用意されているが、これはどれもRobert E. Howardの物語世界から採った。すべて最初から利用できる。プレイヤーに多様な選択肢を提供することが重要だと考えているのだ。

変更可能な要素のごく一部。
変更可能な要素のごく一部。

キャラクターが完成すると、罪状が提示される。ゲームが、多数の犯罪類型の中から3つ選んで君の罪を宣告する。中には笑えるものもある。その後、何者かがやってきて、十字架から降ろしてくれるはずだ。それから先は、好きなように生きて殺して、なんとかして追放の地で生存するのだ。

20161121122711_1

住家を作る

最初にやるべきことは、食糧と水を見つけること、そして砂漠から抜け出すことだ。近くで朽ちている旅人の死体から水袋を入手すれば多少の足しにはなるが、それは一時的なものに過ぎない。砂漠を歩き回るときには、周囲に点在する巨大な石の柱には近づかない方がいい。それは追放の地の境界を示す標識で、呪塀と呼ばれている。呪塀を越えようとすれば死ぬ。

追放の地の境界には呪塀が巡っている。
追放の地の境界には呪塀が巡っている。

最初は、遠くに見える大きな山を目指すのがいいだろう。正しい方向に向かっていれば、古い遺跡をいくつか通り過ぎることになる。途中で石や枝を見かけたら集めておくといいだろう。石おのやツルハシなどの、最初の道具を作る役に立つはずだ。だが、しっかりと身を守るためには、剣を持つ必要がある。

コナンの世界はさまざまな危険に満ちている。もちろんそれは追放の地も同様だ。腹を減らした小鬼やハイエナが不運な追放者の肉を貪ろうと、川の近くをうろついている。剣と盾があり1対1ならば、この種の危険には対処できるだろう。だが、こいつらは数を頼りにしているのだ。

星空の下で眠るのは利口とは言えない。ちゃんとした住家があれば安心できるだろう。石の壁や基礎は簡単に作れるが、砂嵐や凶暴な獣にも耐えられる程度には頑丈だ。

おそらくここまでで、Conan Exilesのゲーム内では数日間が経っているだろう。ここから先は君自身の判断になる。権力を手にして追放の地の王となり、自らの足元で他者を使役するのか。それとも強奪者や虐殺者になり、未知の景観に死の空隙を刻むのか。

君の追放の日も近い。

 

開発チーム